画像処理エンジニア検定エキスパートを受けたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

突然の所信表明(?)です。

本日、インテックス大阪で行われたマイナビ就職EXPOという就活イベントに参加しました。

そこで、とある企業の説明において「社員に画像処理検定の受検を勧めている」という話を聞き、「なんだその面白そうな検定は」と思い、帰宅してから調べました。

画像処理エンジニア検定

上記ページから詳細が確認できます。

CG-ARTS協会(公益財団法人画像情報教育振興協会)が実施している検定試験で、5種類あるものの1つです。

難易度はベーシックとエキスパートの2種類があり、上記ページからそれぞれの参考問題(過去問の抜粋?)が見られます。

私は大学で画像処理の講義や、人間の脳における画像処理の仕組みの学ぶ講義、C++で画像処理(ARマーカ検出や距離計測)を行う実験などを受けてきたので、エキスパートの参考問題でなんとか全問正解できました。

途中、勘で解いた問題が2問ありましたが、前後の文脈や言葉の意味を考えれば想像できるような問題だったので、解きながら勉強になって楽しいです。

ベーシックを飛ばしてエキスパートを受検することもできるそうなので、7月にエキスパートを受検してみようかと思います。

そんな話でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする